プロフィール

@たっちあん

Author:@たっちあん
たっちあんと申します。
ニコ生で雑魚生主やってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

たっちあんのポケモン考察()
主にポケモンについて考察()致します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】バンギグライ~XYレート構築~
XYになって使っていたレートのパーティを晒したいと思います。

あんまり勝てなくなってきたのと、目標であるトップ3に入ることができたので満足したので
この構築は解散しようと思い、その内容を記しておきます。

最高レートは2099で2位までいくことができました。
画像は2087で2位だった時のものです。

2位キャプ



パーティ詳細に入りたいと思います。

248.gif4720.gif ヤドラン 003f.gif 212f.gif 302.gif


■バンギラス@オボンの実
特 性:砂起こし
性 格:意地っ張り
個体値:31-31-31-*-31-31
努力値:252-0-0-*-252-4
実数値:207-169-130-*-152-82
技構成:岩雪崩・追い打ち・電磁波・ステルスロック

HDぶっぱ。

グライオンが物理に厚いのに対して、バンギラスはHDぶっぱにしています。
慎重でなくても意味分からないくらいの硬さを発揮します。
5世代で意地っ張りHDを使っていて、慎重でなくても十分だと感じたのと
火力をある程度維持したかったためです。(決して慎重個体持っていなかった訳では)

グライオンの身代わりを貫通する音系の技やすり抜けポケモンに
HDバンギラスは総じて強いので、砂が永続ではなくなったものの
バンギグライの形は6世代でもものすごい脅威の組み合わせだと思っています。

シャンデラやゲンガーを確実に狩るための追い打ち、
ウルガモスやメガリザY、ファイアローに対する岩雪崩とステロ
雪崩とのまひるみでフシギバナに勝てるようになり、
Sを落としてグライオンの身代わりのサポートをする電磁波です。
持ち物は繰り出し回数を増やせるようになるのと確定数ずらせるオボンの実。

ガブに何もできずに舞われてしまったり、小さくなる系にも強くない構築なので
電磁波を切って今作から必中になった吠えるを入れるかは常々悩んでいました。
ミトムに電磁波雪崩のまひるみをできなくなったのはすごく痛い仕様変更で
電磁波を入れたい相手が少なかったため吠えるにしても良かったと思います。


■グライオン@毒毒玉
特 性:ポイズンヒール
性 格:腕白
個体値:31-31-31-*-31-31
努力値:212-0-252-*-0-44
実数値:177-115-194-*-95-121
技構成:地震・毒毒・守る・身代わり

H:8n+1の177調整
B:ぶっぱ
S:残り

現環境で一番強いと僕が思っているポケモンです。
上から一発で落とされるポケモンと、身代わりを貫通して落とされるポケモン
地震と毒の両方が入らないポケモン以外全員に強い。

5世代ではハメ性能を意識して最速のグライオンが主流でしたが、
砂によるハメはできなくなってしまったため、Sを落として物理耐久に特化し
繰り出し性能を上げることを重視してこの努力値振りになっています。

珠ガブの逆鱗もポイヒ込で2回耐えたり、鉢巻ファイアローのブレバも2耐えするので
物理に対しての後出し性能が半端じゃなかったです。

毒を仕込むことで、タイプ上不利な相手でも自分よりSが遅ければ
勝つことででき、身代わりさえ残っていればだいたいのガルーラにも勝てるようになります。
本当に強いポケモンで、選出率は圧倒的に1位です。
こいつのおかげで高レートまで行ったと言っても過言ではありません。


■ヤドラン@ゴツゴツメット
特 性:再生力
性 格:図太い
個体値:31-*-31-31-31-31
努力値:244-*-252-12-0-0
実数値:201-*-178-122-100-50
技構成:熱湯・冷凍ビーム・火炎放射・怠ける

HBぶっぱ。

主にバンギグライがきついマンムーとパルシェン、ガブリアス、バシャーモを受ける役目を担っています。
ファイアローに出して削るという仕事もよくやっていました。

サイクル戦で交代先に火傷ワンチャンを狙える熱湯、
ガブリアスなどの龍に打つ冷凍ビーム、
ルカリオやナットレイに対する有効打として火炎放射
高火力物理アタッカーが多く過労死を防ぐためのなまける

という技構成になっています。
ルカリオはこのパーティにはあまり出てこず、
ナットレイはグライオンやフシギバナで相手をすることが多かったのと
メガギャラドスが少し重たかったので火炎放射は草結びでも良かったと思います。
草結びにすればパルシェンも1発で落とせるというメリットもあります。

こいつの硬さは説明するまでもなく、物理受けとしては最高に信頼しています。


■フシギバナ@フシギバナイト
特 性:しんりょく(厚い脂肪)
性 格:穏やか
個体値:31-*-31-30-31-30
努力値:252-*-4-0-188-64
実数値:187-*-104-120-158-108
技構成:ギガドレイン・ヘドロ爆弾・めざ炎・光合成

H:ぶっぱ
B:端数
D:残り
S:4振りロトム抜き

主にロトムやマリルリ、ギャラドスやフシギバナミラー、ヌメルゴン、
ナットレイ、ゲッコウガなどの相手をしてもらっています。
相手にした時の強さは皆さんもご存じだと思いますが、本当に強い。
沸きまくってるロトムに後出しできる回数を稼ぐためにHDベースです。

場持ちを良くするため、本来の仮想敵である水に対してのギガドレイン、
ミラーやフェアリー、ヌメルゴン、後出ししてくるファイアローに対しての打点であるヘド爆、
ナットレイやハッサムに対して打つめざ炎
ミラーやヌメルゴンに勝てるようになるための光合成

という技構成になっています。
炎と氷が等倍になって、エスパーと飛行のみが弱点になるのはズルすぎるくらい強いです。
ただ、ミトムを見れるのはこいつしかいなくて、他に刺さってても出さないといけなくなる
ということが多々あるためそこはパーティ全体の改善点かなと思いました。


■ハッサム@拘り鉢巻
特 性:テクニシャン
性 格:意地っ張り
個体値:31-31-31-*-31-31
努力値:252-252-4-*-0-0
実数値:177-200-121-*-100-85
技構成:バレットパンチ・蜻蛉返り・電光石火・泥棒

HAぶっぱの鉢巻ハッサム。

上4体で削った後にバレパンや石化でお掃除をする役であるとともに、
蜻蛉返りでサイクル戦も有利にさせてくれる万能なポケモン。

特化鉢巻にすることで、無振りガルーラも約80%で乱数2発になったり
H振りのトゲキッスも乱数ですが1発で持っていくことができます。

泥棒はほとんど打たなかったので他の技でもいいと思いました。
受け回すだけでは限界があり、削った後のコイツの強さは半端なかったです。
ヤドランのゴツメやバンギのステロとの相性もすごく良く、活躍してくれました。


■ヤミラミ@食べ残し
特 性:悪戯心
性 格:図太い
個体値:31-*-31-31-31-31
努力値:252-*-252-0-4-0
実数値:157-*-139-84-86-70
技構成:イカサマ・鬼火・挑発・自己再生

HBぶっぱ。

主にガルーラや相手のグライオンを見るための枠。
鬼火さえ当てればガルーラ受けとしてはヤミラミが一番強いと思っています。
物理に特化することで残飯込でガルーラの地震も乱数ですが2耐えしますので後出しが安定します。
恩返しやグロパンなどのタイミングで後出しし、鬼火を嫌って交代すれば
交代先の物理炎(主にファイアロー)に対してイカサマがすごいダメージで通りますw
ガルーラも計算はしてないですが、確か2発くらいで落とせます。

相手のグライオンは挑発を入れて地震のPPを枯らすことで勝てます。
先制で鬼火や挑発が撒けるのは本当に強かったです。
火力のない受けポケモンも鬼火・挑発して再生してれば勝てるので、なかなか活躍してくれました。

最初はゲンガーにしていたのですが、噛み砕くを持っているガルーラに
負けることがあったのでヤミラミにしましたが、代えて正解だったかなと思います。



以上でパーティの説明は終わりです。

このパーティできついのはメガリザ両方(どちらかと言えばXの方が)と
神通力持っているゲッコウガ、身代わり持ちのガルーラ、鬼火持ちすりぬけミカルゲ
小さくなる系、身代わり虫の知らせウルガモス、壁起点構築などが辛かったです。

環境が変化してもバンギグライは強いままでいると思うので
いずれまた改良して使っていきたいなと思っています。
あと、このヤミラミ使われると面倒なので皆は使わないでくださいね((

という訳でパーティ紹介は以上となります。
最後まで読んで下さった方はありがとうございました。
何かあればコメントやツイッターでよろしくお願いします。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。