プロフィール

@たっちあん

Author:@たっちあん
たっちあんと申します。
ニコ生で雑魚生主やってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

たっちあんのポケモン考察()
主にポケモンについて考察()致します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】耐久調整きあパンガッサ
286.gif


今回は腹パンガッサの単体考察になります。
気合パンチとマッハパンチにより、キングドラやドリュウズなどの
天候エースに強くなれるこの型は何かと便利で構築にも入りやすいと思います。

では、詳細の方へ。

キノガッサ@毒毒玉
特 性:ポイズンヒール
性 格:意地っ張り
個体値:31-31-31-*-31-31
努力値:204-84-4-*-84-132
実数値:161-177-101-*-91-107
技構成:気合いパンチ・マッハパンチ・キノコの胞子・身代わり

調整内容
H:8n+1(ポイヒ回復量20)
A:残り。きあマッパでグドラ確定。マッパで無振りドリュウズ確定2発。
B:端数。意地ガブリアスの逆鱗確定耐え。
D:控えめ眼鏡グドラの龍波確定耐え。
S:補正なし4振りスイクン抜き。

前の格闘ジュエルテクニガッサと似たような耐久調整になっていますが
今回は草技がなく、スイクンに少し弱くなっているため、Sのラインをここまであげました。

ローキックがないポイヒガッサはハメ性能を意識する必要は薄くなるため
最速にしなくても十分仕事をすることが可能です。

そこで性格を意地っ張りにし、倒したい相手を倒せる火力を維持しつつ
耐えたい攻撃もある程度耐えられる耐久にした調整になっています。
等倍や不一致抜群の攻撃ならある程度は耐える耐久になっているので
1発耐えて後攻胞子で眠らせ、最低でも1回はきあパンを打つ仕事ができるかと思います。

Sを落としてBに厚くしたドリュウズも最近はいるため
そこを意識するならもう少しSを落としてもいいかと思います。

雨パや砂パなどの対天候、対ミラー要因としてはすごく活躍してくれます。
以前の格闘ジュエルガッサの耐久が使いやすかった方は
この調整も非常に使いやすく感じるかと思うので是非使ってみてください。
スポンサーサイト
HAベース 格闘ジュエルキノガッサ 
今回は、Sを削って耐久と火力をできるだけ両立することを目的に調整したキノガッサを紹介したいと思います。

286.gif


性 格:意地っ張り
努力値:H188 A164 B4 D92 S60
実数値:159-188-101-*-92-98
技構成:マッハパンチ・タネマシンガン・選択・選択

★調整内容
HD→眼鏡グドラの竜波・雨ドロポン耐え、C4振りスイクンの+1冷凍B・熱湯+冷凍B耐え
HB→意地っ張りガブリアスの逆鱗耐え、意地っ張りカイリューの逆鱗高乱数耐え(87.5%)
S→準速ローブシン抜き
A→残り。剣舞1積みジュエルマッパでグドラが確定1発

★与ダメージ(〇は達人の帯で確定1発)
マッハパンチ
185-81ドリュウズ 85.4~101.6%〇
207-131バンギラス 94.6~112%〇
165-96ユキノオー 81.2~95.7%
193-127ヒードラン 52.8~63.2%
151-115キングドラ 37.7~44.3%

タネマシンガン(1発のダメージ)
151-115キングドラ 22.5~27.8%
215-187カバルドン 20.4~25.1%
197-139ニョロトノ 30.4~36.5%
207-183スイクン 21.2~26%
207-136スイクン 28.9~34.7%

★コメント
Sは準速ローブシン抜きとなっていますが、一番意識したのは零度スイクンです。
格闘ジュエルを持つことで1舞ジュエルマッパでキングドラを落とすことができます。
あとは1発で落とせる範囲がすごく広がるのでめっちゃ強かったです。
せっかく耐久調整をしてるので命の珠はあまりお勧めしません。
ラムの実で身代わりを搭載することによって、レパルガッサの対策にもなります。
流し性能と攻撃範囲の広さから、選択技2つを身代わりと岩技にすれば後から来たウルガモスやボーマンダにも打点があるので使いやすいのではと思います。
自分では格闘ジュエルが一番使いやすかったです。

めざ格闘クレセリア
今回はめざ格闘クレセリアの紹介です。

488.gif



このクレセリアを考えた理由は、ズバリ受けループ対策です。
こいつさえいれば、だいたいの受けループは1体で見れるといっても過言ではないかもしれません。
それくらい対受けループには自信があります。

クレセリアで受けループを崩すにあたっては、まず瞑想が必須になります。
しかし、ラッキーハピナスなどの特殊高耐久にはサイコショックがないと突破しにくいため
瞑想とサイコショックは確定と考えました。

そしていくらクレセリアといえど毒を入れられてしまうと積み続けることができません。
よって、状態以上とHPを同時に回復できるねむカゴ型にすることに決めました。

残る1枠ですがショックだけだとバンギやムドーで止まってしまいます。
そこで、鋼にも悪にも抜群の取れるめざ格闘を採用するということを思いつきました。

この技構成にすることで、もっとも広い範囲に等倍以上が取れるようになります。


さて、次は努力値配分になります。
めざ格闘理想個体(31-*-30-30-30-30)を前提とします。

一番最初に入ったのは素早さからでした。
最近の環境で増えてきたポケモンで、クレセリアに対してよく出てくるのがヒードラン。
こいつが挑発を持っていると止まってしまいます。
なのでヒードランは最低抜いておきたいと思い、どうせなら80、81族まで抜いておこうと思いました。

よって性格は臆病で決まり、そのために必要な努力値は232

次に、めざ格闘を誰に打つのかと言えばもちろんバンギラスです。
後出しから出てくるバンギラスにめざ格闘で勝てるようにしなければなりません。

しかし火力がないため、バンギラスの攻撃は1度受けざるを得ません。
瞑想1回積んだ状態で、H振りのバンギラスが高乱数2発で落ちるようにCに120

残った努力値は全てHに回すようにしました。
もともと高耐久なのでこれである程度後出しも利くようになっています。

★まとめ
クレセリア@カゴの実
性 格:臆病
個体値:31-*-30-30-30-30
努力値:H156 C120 S232
実数値:215-*-140-110-150-147
技構成:瞑想・サイコショック・めざ格闘・眠る

★使ってみた感想
ハッサム・ウルガモスで止まります()
今の環境にこの2体は多いので正直動き辛かったですが、この2体がいないPTには大活躍でした。
また、考えていた通り、受けループ相手やヒードランにはがんがん積むことができるので
有利な相手には本当に強かったです。ハッサムやガモスを先に処理できれば無双できますねwww

以上です。
ラティハッサム殺しグロス
今回の考察()はこいつです。


色グロス


今の環境でもめちゃくちゃたくさんのパーティに組み込まれることがあるラティハッサム。
こいつらを1匹で処理できるようにメタグロスを考察してみました。

性格:いじっぱり
個体値:31-30-31-30-31-30
努力値:252-56-0-0-196-0
実数値:187-178-150-103-135-90
技構成:思念の頭突き 追い打ち めざ炎 冷凍パンチ
持ち物:悪ジュエル

まあ、言うてテンプレの135グロスですね。
調整などはググってくださいww

さすがの600族といったステータスですね。
基本的にはラティに出していき、追い打ちをする。
ハッサムにはめざ炎を打ちます。

思念や冷Pの枠はパーティ次第で変更してもいいと思います。

グロスのめざ炎はかなり使えます。
ナットレイはもちろん、殻を破ってくるパルシェンなどにも有効です。
エアームドが確定2発にならないのは調整してもいいかもしれません。

追い打ちも読みさえしっかりできればかなり活躍できます。
あまり読まれないことがいいですね!

かなり活躍してくれています。
おすすめなので、もしよければみなさんも参考にしてみてください^^
ねむカゴのろいナットレイ
今回の考察()はナットレイです。


ナットレイ


現在のレート環境で最も多いパーティのうちのひとつでもあるトノグドラ。
対策していなければフルボッコされますし
対策していてもトノグドラ以外のポケモンでフルボッコされることがあります。

上級者になればトノグドラで選出を縛って残りの4匹で戦うそうです。

その4匹の中に入っているポケモンで個人的に多いと思われるテラキオン。
このようなパーティを特に意識した調整を考察()したいと思います。


まずは技構成から。

ウィップ ジャイロ のろい ねむる

ウィップは種マシンガンでもいいかもしれませんが
今回はグドラを意識しているためウィップにしています。

性格は 生意気 です。
のろいと相性のいいジャイロを採用するため生意気最遅にします。

そして努力値です。

H252 A60 B84 D108

B
珠以外のテラキオンのインファイト耐え
残飯ならメタグロスのアムハン2耐え
いじっぱりドリュウズの地震2耐え

D
眼鏡グドラの雨ドロポン2耐え
珠ラティオスのめざ炎耐え

A
パワーウィップで無振りグドラを高乱数2発(93.4%)
ジャイロボールでテラキオン確定1発


と、こんな感じです。
眼鏡グドラに後出しから勝てるのも強みです。

グドラに後出し→ドロポン→ドロポン→眠る→ドロポン→ウィップ→ドロポン→ウィップ

という流れです。


テラキオンもインファイトを耐えて襷が鉄のとげでなくなり返しのジャイロで落とす。
というようにタイプで不利な相手にも勝てるナットレイの硬さは素晴らしいですね。

タイプ的に有利な相手にはのろいを積んで眠るなど、使い勝手がいいです。
流行しているラティオスや水ロトムにも後出ししていけるところが強みですね。

ぜひ参考にしてみてください。 ではではー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。